Kunadonic ロリータファッション徒然草

INDEXopen

フィギュアスケートとロリィタ

 
 
KunadonokamiAoiフィギュアスケート
さあ、ついに私の趣味の一つについて語る時が参りました。実は、フィギュアスケートが趣味です。って、もう皆さん何となくご承知ですよね。

 フィギュアスケートは元々、英国貴族のたしなみでした。そういう意味では、ロリィタファッションとも相性がいい、はずなんです。フィギュアスケートは衣装も華やかですし、氷上のバレエとも言われます。フィギュアスケートを練習する中で、いつかはロリィタファッションに挑戦してみようと、ずっと思案を重ねていました。まあ色んな意味で、勇気が必要でしたけど。

 そしてついに、その挑戦の機会がやって参ります。がしかし!!! パニエが重過ぎました。普通に滑走する分には、さほど問題はありませんが、スピンとジャンプ、特にスピンは全く回転速度が出ません。重すぎです。ジャンプはまあ飛べますが、もちろん回り難いし、着氷時の捲れ方も凄い! もちろんドロワース履いてますけど。評判が悪かったので、ペチパンに変えました。結局パニエが重すぎてどうにもならないので、パニエは脱ぎました。さて見た目はショボくなるかと思いきや、ところがどっこい。

 ロリィタ服なら、パニエがなくても膨らむんです! スピンで回れば広がるんです!

 これはフィギュアスケートならではの、画期的な演出でもありますね。通常の滑走では風になびくので、裾も後方ではためいて優雅です。ジャンプの着氷でも、ふわっと広がるのでこれもいい感じでした。なかなか悪くないんです。パニエなしなので違和感はありますけどね。

 でも重たいことには変わりなく、薄手のパーティードレスにはやっぱり適いませんでした。軽い生地で、スカート丈が短く、蹴回しがサーキュラー並に広くて、そんなロリィタ服があればベストなんですが、やっぱり見つかりませんね。まだまだ試行錯誤は続きます。

 
 

 

Since 2016 UPDATE 17/03/24 19:00
Access Date/Time 17/06/25 05:40

カギの救急車 シンクポート アポロ製作所 橋本シルク工芸 アジルジャパン