ゴスロリという一般語とカテゴリー ロリィタファッション徒然草

Kunadonic ロリータファッション徒然草

INDEXopen

ゴスロリという一般語とカテゴリー

 
 

 ロリィタファッションは一般的には「ゴスロリ」と呼ばれることがほとんどで、それをロリィタファッションなどとご丁寧に正しく称して下さることは稀です。ロリィタである私達にとっては不愉快でも、コスプレと混同されないだけマシかもしれません。

 ゴスロリという言葉が一般化したのは、やはりゴシック&ロリータバイブルの存在が大きかったかと思います。幾つかのカテゴリを統合したものかどうかはともかく、そこで扱われるファッションがゴシック&ロリータ、すなわちゴスロリとして定着したのは間違いなく、それを着ない方々にとっては、それがゴスだろうがロリだろうがそんな細かいことは、どうでもよかったのです。かくしてゴスロリという単語が一般化したものと私は考えていますが如何でしょうか。私個人としては、ゴスロリバイブルの存在こそ当時最も普及したメディアでしたし、その代名詞がゴスロリでもありましたから、包括してのゴスロリという表現はむしろ積極的に使っていたように覚えています。ただもちろんロリィタファッション・ロリィタという言葉を使っていたこともありますが、これが所謂ロリコンのロリータとの混同もあり、それならゴスロリの方が意味的に正しいですから、相手によっては避けざるを得なかった実情もあります。特に年配男性にロリータなどと言えば、それは確実に性癖と受け止められてしまいます。

 ゴシックとゴシックロリィタも別物ですし、ゴスロリとロリィタもまた違う解釈のもの、という考え方がロリィタさんには定着していますけど、そんな言葉は業界用語でしかありません。通じなければ理解はされませんからね。だからまあ、ゴスロリで通じるならそれを一々指摘して説明するようなことは、私は致しません。性癖のロリータ趣味やコスプレと誤解されたなら、もう何を言っても無駄です。ゴスロリがわかる人には、「ゴスロリですから詳しくはゴスロリバイブルを見てくださいね」で済ませていました。そこに掲載されているブランドを一通りご覧になれば、ざっくりと知ることはできましたから。

 手前味噌なロリィタのカテゴリですけど、それは各ブランドやデザイナー、インディーズの作家さんも含め、私達ロリィタそれぞれが磨いてきたスタイルです。ロリィタの懐古精神から古式ゆかしき、いにしえのファッションを繙きながら、自分たちのスタイルに取り入れて出来上がっていったものです。一つ一つに色々な方々の思い入れが詰まったそれらには、絶対に譲れない孤高のポリシーを携えています。それ故に、ゴスロリという単語で一括りにされてしまう乱暴な扱いに怒りを覚えるのは無理もありません。その気持ちは、私にもよくわかります。甘ロリ姫ロリ、ゴシックにクラシカル、スチームパンクなど、それぞれが独自の発展をしてきて今があります。ゴスロリじゃない!と声を大にしたいのは私も同じです。でもまあ今は、ゴスロリでいいやという気持ちの方が大きいですね。ゴスロリさえ知らない人も沢山いますし。

 ゴスロリバイブルの休刊で広く一般にロリィタファッションを知らしめるメディアがなくなってしまったことは、私達ロリィタにとっての最大の衰退劇なのかもしれませんが、ロリィタファッションが消えてなくなった訳でもありません。老舗ブランドも健在ですし、着ているロリィタさんも沢山いらっしゃいます。むしろ私達がこれからどうやって着こなしていくのか。それに全てかかっています。細分化されて誰にも理解できなくなった細かく膨大なカテゴリの傍らで、隆盛を極めたそれらも衰退し、ブランドの終了や閉店もありました。メジャーブランドやベテランロリィタさんの現在の懐古傾向も、そんな処から来ているのかもしれません。

 以前はブランドの数だけカテゴリがある、などと考えていましたが、今は各ブランドが試行錯誤を重ね、色々なカテゴリや新しい要素に挑戦している、丁度変革の時期にあると思います。最早ブランドをカテゴリで考える時代は終わったとも思っています。一緒くたにロリィタファッションが一つに纏まるべき時代でもあり、大同小異で文句を言いあっても利益があるとは思えません。

 そういう流れの中で「ゴスロリでいいじゃん。滅びるよりは。」

 そう思わずには、いられないのです。

 
 

 

 

Since 2016 UPDATE 18/03/22 18:06
Access Date/Time 18/08/18 17:01

カギの救急車 シンクポート アポロ製作所 橋本シルク工芸 アジルジャパン