Kunadonic ロリータファッション徒然草

INDEXopen

真夏のロリィタ

 
 

 元々が重装備のロリィタファッションですから、夏の暑さはその見た目通りに地獄です。一体誰が肌を露出するなとか言ったのでしょう(笑)と、思わず言いたくなるのを堪えながらも、麦わらカンカン帽に日傘を添えても、暑いものは暑いのです。特にジャンパースカートは腰回りが肌に密着して熱がこもりますし、パニエもスカートの本来の通気性を殺ぎます。さらにドロワースにニーハイソックスですからもう、炎天下の猛暑ともなれば熱中症の恐れすらあります。まさに自殺行為なのです。

 それでもロリィタ! 私は諦めが悪いのです。

 自分の身を守るために、ポリシーを修正します。体のいいカジュアルダウンという言葉を使うのも間違ってはいませんが、そもそも夏の暑さが厳しい国々には「夏服」という習慣があるではありませんか。私は、ロリィタファッションにも「夏服」という概念が絶対に必要だと思っています。というか、これがないとロリィタは日本の夏を過ごせません。確かに、暑い夏を高原の避暑地で過ごすような本物のセレブには、そんな概念など必要ないのかも知れませんけども。

 現在、春先から初夏にかけて販売されるロリィタファッションの場合、比較的入手しやすいのが半袖のブラウスですね。これは間違いなく夏服でしょう。ジャンパースカートでなく、腰スカートもこの時期に多く目につきます。それから麦わら帽子ですね。ボンネットも本来は日よけですからこの時期に合っています。そしてショートソックスも意外と見かけます。ただ生足の露出は賛否が分かれるところです。私はカジュアルロリィタなら可ですけど、基本的には白やミルキー系のストッキングを合わせた方がいい気がしています。UVカットと涼感機能があるものなら、生足より快適かも知れません。

 パニエも軽くボリュームダウンします。意外と気に入ってるのが、裏地がコットンのチュールパニエです。これはロリィタブランドに無いことはないですが、かなり少ないと思います。汗をかいてもまとわりつかないし、風通しもよくて快適ですね。ドロワースは避けて、丈の短いブルマースかペチコートパンツにします。ここまでくると否定的なご意見が相当あるかと思いますけど、最近の下着屋さんにはフリルやレースのたくさんついたペチパンが豊富に揃っています。私はこの選択を、妥協ではなく戦略だと考えています(笑)

 ブラウスを一枚で着るのは、ロリィタとしてはなかなか難易度が高いですが、レーシーなブラキャミを利用してもいいですし、コットンのブラウスならそれほど透け感もありません。希望を言えば、一枚でも着こなせそうな夏用のブラウスがもっと色々あってもいいと思います。セーラー襟とかカーディガンやニットベストとのセットアップとか、腰スカートに合わせやすいトップスがもっとあると嬉しいんですけどね。この辺りは、axesなどを持ってくることも多々あります。まあカジュアルダウン、ということになりますけど。

 ロリィタが日本の夏を快適に過ごせる日は、果たして来るのでしょうか?? それは、ロリィタを愛する皆々様の創意工夫にかかっているものと、私は信じて止みません。

 
 

 

 

Since 2016 UPDATE 17/03/24 19:00
Access Date/Time 17/10/20 06:53

カギの救急車 シンクポート アポロ製作所 橋本シルク工芸 アジルジャパン