Kunadonic ロリータファッション徒然草

INDEXopen

パニエの種類と着こなし

 
 

 パニエにも色々な種類があります。大きく分けると、腰にボリュームのあるパニエと、裾を広げるAラインのパニエに分かれると思います。

 まず腰にボリュームのあるタイプからです。
これには、ヒップを膨らませるバッスルパニエも含まれるでしょうか。主にウエストラインから横に広がるように作られていて、ゴム部分から何枚もチュールを重ねた作りになっているものが多いです。基本的にはミニドレス用のもので、裾を広げるというよりは、スカート全体を横に持ち上げるような作りになっています。

 軽いスカートにあわせて作られていて丈も短いので、ロリィタ服に合わせると、腰だけが膨らむ格好になります。文字で形を表すと、「∩」の形になります。これ一枚では若干ボリューム不足ですが、カジュアルダウンする際や、バーゲンセールなどであまり裾を広げたくない場合は、これ一枚で済ますのも手かも知れません。ただやはり、ロリィタとしては物足りないでしょうね。

 続いて、裾が広がるタイプです。
基本的な作りはティアードスカートと同じで、裾に行くに従って蹴回しの長さがギャザーでどんどん長くなります。通常2~3段を縫い合わせてあります。ロリィタ服に合わせると、腰から直線的なAラインに広がるタイプが多いです。文字で形を表すと、「∧」になります。ロリィタブランドの「ふんわりパニエ」「ボリュームパニエ」といった名前で売っているもののほとんどがこれですね。

 これらに含まれない特殊なパニエもあります。
クラロリで重宝しそうなロングパニエや、あまりボリュームのないペチコートタイプのものもあります。パニエは下着なのでスカートで全て覆うのがお約束ですが、ロングパニエにはチラ見せを前提に裾にレースなどの装飾を施されたものも、少ないですがあります。コーディネートの難易度は高いですが、うまく合わせられれば、裾のレースが何段にもなって豪華に見せることもできます。が、ロリィタさん的にはやっぱり見せるものではない、という観念が強いですから、そうしたコーディネートもカジュアルダウンの一つと解釈するのが無難かも知れません。ギャル系ファッションや森ガールでは、逆にチラ見せするのがカワイイという傾向があることも、一応付け加えておきます。

 ロリィタさんの着こなしでは、パニエを二枚重ねるのがお約束のように言われています。ただ、どう重ねるのか、何を重ねるのか、本人の工夫と創意に任されている部分でもありますね。

 私もパニエは、通常二枚重ねをします。上に着るパニエは、腰から膨らむショートのチュールパニエで、その下にティアードのボリュームパニエを着けます。この組み合わせですと、「∩」の形で腰から広がり、裾も「∧」の形で大きく持ち上がります。ちょうどロココ時代のドレスと同じような、釣鐘型のスカートになります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 さて「∧」型のチュールパニエですが、先日「一番広がるパニエはどれ?」と思い立って、探してみました。

 方々を回り実際に手に取って確認したり、ネットで情報を調べてみたり、色々と検討した結果。ついに最強の超ボリュームパニエを見つけました。まあご存知の方も多いでしょうけど……、それはMAXICIMAMのミルフィーユパニエ(8PP888M)です! 裾周りがなんと12.5mにもなる超ボリュームパニエで、その膨らみ方は他のどんなボリュームパニエも敵いません。とにかく凄い広がり方で、混んでいる場所では人の間を抜けるのも大変なくらいです(笑)。 電車の椅子に座ると、左右に膨らむスカートを腰の下に入れるのも必死で、背中にクッションを挟んでいるような感覚になります。地下鉄の階段では風で捲れ上がるし、すれ違う人が大きく避けて行くのにも恐縮します。…と、まるで欠点のように語りましたが、その優越感! 圧倒的なボリューム! ロリィタの真骨頂ここに在り。このボリュームを味わうためにロリィタをやってるんだ、そう錯覚するほど凄いんです。

 シチュエーション、例えば混雑が想定されるバーゲンセールなどでは、はっきり言ってこれは大変ですが、そうでなければ、このMAXICIMAMのミルフィーユパニエは断然お勧めです。普通にAラインを作りたいのであれば、これ一枚で解決します。他とは比較にならない膨らみなので、多少痩せてきても他のものと同じように使えますから、長い目で見てもお得です。

 それから、裏地がコットンのパニエは夏場に重宝しますね。夏は暑くてスカートの中も蒸れます。化繊の裏地ですと、足にまとわりついて余計暑く感じますが、コットンならさらっとしていて快適ですね。ロリィタブランドでも裏地が綿のものは少ないので、もし見つけたら即ゲットです。

 最後にパニエのお手入れですが、張りのあるポリエステルだとドライクリーニングになってしまいます。痩せてきた場合は、低温のアイロンで伸ばせばある程度復活します。それでもやっぱりだんだん痩せてくるのは仕方ないですね。使いまわすことが多いだけに、ダメージも激しいということでしょう。消耗品と考えた方がいいのかも知れません。

 
 

 

 

Since 2016 UPDATE 17/03/24 19:00
Access Date/Time 17/04/24 00:46

カギの救急車 シンクポート アポロ製作所 橋本シルク工芸 アジルジャパン